この世はただ一人の英雄によって救われるのではない。全ての人々が救世主の自覚を持ったときに初めて救われるのだ。
by yuuya64
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
通常の三倍?
 そろそろアモキサンの在庫が尽きてきたので、新しいクリニックでもらった薬を開けてみると毒々しい真っ赤なシートが出てきてびっくり。新しいクリニックではゾロをぞろぞろ出してくれるのだが、これはアモキサンのゾロではないぞ。そもそもアモキサンのゾロなんてないじゃないか。裏を見るとプロチアデンと書いてある。お薬110番で調べてみるとアモキサンと同じ第二世代三環系 抗鬱剤らしいが、第二世代三環系 抗鬱剤なら何でもいいってもんでもないだろうに。次の診察で問い詰めてくれよう。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-11 16:32 | メンタル
通り雨
 午前中買い物に行った帰りに通り雨にあった。出かけるときは西の空が暗かったものの、振り出す気配はなかったので油断してたらみごとに土砂降りになってしまった。
 
 ずぶ濡れになったついでに久しぶりにシャワーを浴びた。鬱の時は何が面倒だといって、風呂に入るのが一番面倒なのだ。

 午後は今日も5時を回るまで寝てしまった。夕食はたまには贅沢しようと刺身を買ってきたのだが、季節はずれのブリよりもアジのほうがうまかった。副菜にと長芋を軽く焼いてだしつゆで味をつけたものを作ったのだが、やや焼きすぎの感。ところが母は焼き足りないという。なんで親子でこんなに食の好みが違うのやら。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-09 21:08 | 日記
鳴らない電話
 携帯を機種変更してからメールは毎日来るのだが、電話は今日初めてかかってきた。耳慣れない着信音なので最初は電話だと気がつかなかったくらいだ。
 前の機種のプリセットのやつはなかなか気に入ってたんだけど、今度のはいまいち良くない。着歌でもDLするかな。それともCDから作れるんだろうか?まだマニュアルも読んでなければドライバーもインストールしてない。とにかく毎日やることが多いのだ(ネット上の議論やレビューを書くのは、今やるべきことではないだろう!)。今日も買い物と夕食の支度だけで疲れ果ててしまった。まだ鬱傾向は続いているので、それだけできただけでよしとしよう。家計簿は例によって明日。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-07 00:33 | 日記
依然不安定
 昨日まで躁状態だったのが今日は一転して鬱。朝目覚めても頭がすっきりしないし体もだるい。そこへまたフランジはずれのトラブルがあったものだから、その処置でどっと疲れが出たのか午後は母に起こされるまでずっと寝ていた。昼食後の洗い物も夕食の準備も全部母がやってくれていたので助かったのだが、たった一日アモキサンを飲み忘れただけでこんな状態になるとは。一日飲み忘れただけで薬の血中濃度が極端に落ちることはないはずなのだが。今朝は忘れずにアモキサンを飲んだのだが、抗鬱剤は飲んですぐ効く魔法の薬じゃない。効果が現れるまで飲み始めから数週間かかるといわれている。私の場合はもう何年も飲み続けてるので血中濃度が回復すればすぐに効果は現れると思うのだが、経験上そうでなかった場合もあるのでなんとも言えない。
 私の場合、気分変調の原因は完全に内因性の脳内神経伝達物質分泌異常で、変調の予測は不可能と前の主治医に診断されていたが、ここのところの変調はまさにその診断通りといえるだろう。
 しかし今寝込むわけにはいかないのだ。どうかこのまま滑り落ちることのないよう祈るばかりだ。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-05 21:19 | メンタル
病者が病者を介護すること
 母の介護に自信がなくなってきた。母は目覚しいほどに回復し、以前のような憎たらしさもなくなってきたのだが、頭がまともに戻ってくるにつれ逆に抑うつ状態に陥るようになってきたのだ。つまり自分のおかれている状況や自分がボケているということがわかり始めたが故にである。ボケている自覚があるのはボケてない証拠なのだが、術前とは比べ物にならない自分の状態を受け入れることができないのだろう。
 
 しかし私には母のその抑うつ状態を受け止めることができない。これをお読みの方は連鎖鬱というのをご存知だろうか?人の鬱状態につられて自分も鬱状態に陥ってしまうことである。双極性障害の私はその状態に陥る危険性がある。逆にストレスから躁状態に転ずる可能性もある。いずれにせよ今の我が家にとって危機的状況だ。
 
 自然私は母を避けがちになる。ボケを予防するためには話しかけが大事だと言われて、術前はほとんど話す事のなかった母にたびたび話しかけてきたのだが、それが億劫になってしまったのだ。
 
 今日もまたフランジはずれのトラブルがあったのだが(これはどうも今の装具が母に合ってないと判断し、今日別の装具を発注した)、冷静に行動せねばと思う私の思考を母の慌てふためく声が邪魔することに苛立ち、つい声を荒げてしまった。
 
 私の今の状態は非常に不安定であり、日々躁鬱の波を繰り返してるような気がする。先日のエントリーを見ていただければわかるのだが、薬の飲み忘れにより軽い躁状態であった私が自己判断でアモキサン(三環系抗鬱剤)を断薬するとたちまち鬱状態に陥った。しかし医師の診断の元に用法容量を守ってアモキサン服用を再開したにもかかわらず今は再び軽い躁状態にあるような気がする。今日は意識的にではなく単純に朝アモキサンを飲むのを忘れていたのだが、行動するに何も支障がないばかりか相変わらずネット上での議論に熱くなっているのはやはり躁状態といわねばならないだろう。そのような状態で母の抑うつ状態と向き合う自信はない。病者が病者を介護することの難しさを感じている。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-04 21:34 | 自宅介護
油断
 もう母を一人にしておいても大丈夫だと判断したので、母の退院依頼初めて自分のためだけの買い物に日本橋まで出かけたのだが、その間にフランジはずれのトラブルがあったらしい。これを全く想定してなかったのは完全に私の落ち度だ。幸い母は自分で訪問看護師さんを呼んで処置してもらい事なきを得たのだが、これがパニック発作と同時に起こっていたらと思うとぞっとする。まだまだ長時間母を一人にしておくわけにはいかないな。私が自由に出歩ける日はずっと先のことのようだ。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-02 21:53 | 自宅介護
裁判員制度の問題点
 mixi日記に以下のような投稿をしたところブログを相互リンクさせていただいているSIVAさんから裁判員制度の問題点に関する記述が成されたリンクを紹介していただいたのでこちらでも紹介します。

(これよりmixi日記の内容。裁判員制度導入準備に際して行われた模擬裁判に関する記事にリンクして書いた日記です)
 私の5月25日のエントリーで延々と議論されていることにも関連する記事である。求刑13年に対して4年の実刑(執行猶予のあるなしは記事には明記されていないが、書かれていないということは実刑と判断していいだろう)という評決は重いか重くないかは別にして少なくとも正当防衛は認められなかったということだ。被告に甘く被害者に冷たいとされる現行の刑事裁判を是正するためと導入された裁判員制度だが、この制度の導入により逆に被告に厳し過ぎる裁判になりはしないかという私の懸念は決して杞憂ではないと思う。またこの模擬裁判の参加者自身が「評議にもう少し時間がほしかった」と発言しているように十分な審理を経ずに結審するという危惧もまた現実味を帯びたといえるだろう。

 このように裁判員制度は刑事裁判には馴染まない制度だと思う。むしろ被告が行政である行政訴訟にこそ裁判員制度を導入すべきである。現在の行政訴訟における原告勝訴率はわずか12%に過ぎない。このことはわが国の三権分立が厳密に行われていないことと無関係ではなかろう。行政訴訟に裁判員制度が導入されれば原告勝訴率は飛躍的に向上するに違いない。また行政訴訟があまりにも時間がかかりすぎるという問題の改善にも繋がるだろう。無論この提案が行政側からなされることは考えられない。広く世論を盛り上げていく必要がある。真の民衆の敵はごくまれに現れ、大々的に報道される殺人者ではないことを知るべきである。
(日記の内容はここまで)

以下が紹介していただいたリンクです。

裁判員制度の知られざる「罠」、裁判員面接で思想チェック

裁判員制度の知られざる「罠」、裁判員面接での選別の論理

「裁判員制度の知られざる罠」への反響の声

 このような思想信条を問われるような質問が公の裁判の裁判員選出の際に成されていいのかどうかというのは言うまでもないことだと思う。もはや憲法違反の制度と言っても過言ではないだろう。正直驚きを隠しえない。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-06-02 01:15 | 時事
マヌケ
 躁転の理由がわかった。バルプロ酸の血中濃度が下がっていたのだ。

 転院した際にデパケンがオリジナルからRのゾロに変わったのだが、オリジナルがまだ残っている。前のクリニックで一週間分もらえばいいところをうっかり二週間分もらってきてしまったのだが、それでも土曜日には無くなっているはずなのだ。今5回分残っているということは今日の朝晩と昨日、一昨日とあわせて13回分飲み忘れていたことになる。元々800mgの処方だったのだが、血中濃度が有効量を下回っていたので1200mgに変わったのに400mg少なく飲んでいたわけだ。朝は忙しい上に元々飲んでいなかったものだからこの2週間飲み忘れていたことになる。お間抜けな話だ。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-05-29 23:15 | メンタル
お構いなし
 今朝朝食を食べて洗濯物を洗濯機に放り込み、さて日記のレスを書こうかとPCの前に座ったら母が大声で呼ぶ声がする。何事かと駆けつけてみるとフランジはずれで便が漏れてる。前回は訪問看護師さんに来てもらったのだが、今回は講習をばっちり受けていたので自分でフランジの交換をやってみることにする。ところが不慣れな上に排便の真っ最中で作業中に次から次から便が出てくるものだから(人工肛門は本来の肛門のように括約筋がないので排便を自分の意思でコントロールすることはできないのだ)思うようにことが進まない。作業中に母が何かと声をかけるのも作業を遅らせる原因だ。結局小一時間かかって何とか作業を終了した頃には昼飯前だった。
 昼飯を済ませ洗い物をしていると母が何やら声をかける。母の声は小さいので洗い物をしていると水音で何を言ってるかわからない。だから母に声をかけられるたびに私は作業を中断して「なに?」と聞き返す必要があるのだが、母はこちらが何をしているかにお構い無しに声をかけてくる。それは術前と同じだ。
 それ以降も私がPCの前に座るたびに何やら呼ぶ声がして、つまらない用事を申し付けられる。しかも母は注文が多いのだ。私が生まれた頃に共働きだった我が家に私の面倒やら何やらの家事を手伝うために母方の祖母がよく来ていたのだが、その祖母が「あんたのところの女中さんは三日と務まらん」と母に言ったらしいが、その意味を今身を持って理解した。

 しかしだ。夕食後にしばらく呼ばれないなと思っていたらまた大声がする。行ってみると箪笥の引き出しを妙な開け方をしたらしく壊してしまっていた。脱力である。なんでこういうときに限って壊す前に呼ばないのだ・・・。幸い部材にダメージはなかったので金槌一本で10分ほどで元通りに直った。もう家政婦でも看護師でも指物師でも何でもできそうな気がしてきたぞ。
 
 そんな具合だからレスを書く作業は一向に進まない。その間PCはテキストファイル1枚開いたまま無意味に立ち上がっていたわけだ。Ctrl+Sを何回叩いたことやら・・・。ネットの書き込みだからいいようなものの仕事中にこれをやられたらたまったもんじゃない。普段は原稿を書いて、写真撮影やアップロードは母が通院中にするしかないかな。

 それにしてもネット上で議論にかまけてる暇があったら仕事をしろという声も飛んできそうだ。そこで今日の川柳。
「仕事より 議論の好きな 碌でなし」
[PR]
# by yuuya64 | 2007-05-29 00:27 | 自宅介護
機種変更(躁転注意)
 朝はボーっとしてるのだが午後からは絶好調な私。母に頼まれた買い物のついでに結局携帯を機種変更した(本当はこっちがメインなのだが)。W51CAが新聞の折り込みチラシでは15,540円だったのだが店頭ではさらに安くなっていた。それに5000円割引のDM+ポイント6000円分+チラシのクーポンが2000円引きで結局1365円でワンセグ携帯が手に入ってしまった。別にワンセグが欲しかったわけじゃなく、WINにしてダブル定額ライトにしたかっただけなんだけどね。
 しかしこいつサブディスプレイが良くない。バックライトが消えるとまったく見えなくなってしまうのだ。それに不在着信やメールがあった場合もわからない。前の機種はメールや不在着信があるとLEDが点滅してたんだけどね。
 でもCDMA1ではなかなか繋がらなかったサイトもWINではサクサク繋がるようになったしよしとしよう。そもそも変えた動機が携帯のネット環境を良くしたかったということだったんだし。
 それにしても「W51CAありますか!」とかなりでかい声で言いながら店に入り、受付のお姉ちゃんが説明する前にプランの変更をああだこうだと並べ立て、さっさと書類を書きデータ移行を済ませた携帯を受け取ったら颯爽と出て行った私。かなり変なやつと思われたかな?明らかに軽躁状態です、はい。

 しかし今日も思うようにことが進まない(携帯の機種変更になんぞ行ってるからだって?おっしゃるとおりです)。時事ネタに対する長文のレスへのこちらからのレスはまだ仕上がらず。草稿練ってるうちに別のレスが付いてややこしいことになってるし・・・。
 そういえばまだ目薬もさしてないぞ。家計簿もつけてないし。えーい面倒だ、みんな明日!明日!。ということで目薬さして眠剤とデパケン飲んで寝ます。
[PR]
# by yuuya64 | 2007-05-28 00:35 | 日記


お勧めリンクとお知らせ
あなたは

人目の救世主です

夕焼け小焼け

コアな古書店
風流夢苑

素人にはお勧めできない
Firefox をダウンロード!!

もうMSにお金を払いたくない方は

 Use OpenOffice.org




バイポーラ(双極性障害)の館  Bipolar Disorder
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ポスト小沢は共産党
from BLOG BLUES
日本共産党元旦新聞広告
from BLOG BLUES
ニュータイプデモで、えじ..
from BLOG BLUES
ハメルンの笛吹に従うな。
from デザイン夜話
「ダメな候補者」と「選ん..
from デザイン夜話
日本の最大の問題点は行立..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
「いいこともあるんだと思..
from デザイン夜話
カードゲーム
from みらくるはいてんしょん
Miles Davis ..
from kumac's J..
強迫性障害
from 知っておきたい病の知識
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧